テレビの最大音量を上げたい
(難聴・聴力が弱い方などへの案内)

volume

周囲の音でテレビの音が聞えづらい、聴力が弱い難聴の方など
テレビのスピーカー(イヤホン)から出る最大音量を上げる方法を解説いたします。

なお、テレビ機種により、名称や設定方法が異なる、
同様の設定(イコライザ)が行えない場合もございます。

「音声モード」 で最大音量調節を行う。

「テレビのスピーカー」「接続イヤホン」共に最大音量を上げられます。

テレビの音質設定(イコライザ)で最大音量を上げる方法

テレビの電源を入れている状態で、リモコンの「本体設定」ボタンを押す。

リモコンの四方の方向ボタン左右←→で「音声設定」の項目に移動します。

方向ボタン上下↑↓で「音声モード」を選択。

音声モードにて 標準・音楽・映画・スポーツ・ユーザー(高音、低音)これらの項目が選べます。

初期設定よりも最大音量を上げるには、「音楽」もしくは「ユーザー(初期設定が各項目50ですが、高音80・低音80かそれ以上に設定変更)」を選択設定下さい。

■それでも音が小さく感じる場合は、以下の設定も合わせて行います。

「音声設定」から「イコライザ」を選択
120Hz , 500Hz , 1.5KHz , 5KHz , 10KHz これら、
初期設定が各項目50ですが、全て80程度に数値を設定変更下さい。


※高音・低音の2項目のみ数値を設定できるテレビもあります、その場合も両方数値を上げると同様です。また具体的に数値を設定できないテレビも、音のモード設定で「音楽」「スポーツ」など選択できる場合もあります。標準より音量が上がる(聴こえやすい)かもしれません。聴き比べてみて下さい。

※類似する設定項目が無いテレビの場合は、下記他の手段を検討しましょう。


※なお、この設定項目は音量以外に音質にも影響します。

上記設定では音質が気になるようでしたら、好みに合わせて各音域の数値バランスを変更下さい。音質の好みや、聞き取り易い設定は個人差がありますので、その際の数値はお答えできません。いろんなバランスを試してください。

その他の方法

音声設定(イコライザ機能)が無い機種や、それでも音量が小さい。音質も損ないたくない。などの場合の方法を下記にご案内いたします。

イヤホンを使用する

内臓スピーカーより他の音を防ぐイヤホンの方が聞き取りやすい場合があります。イヤホンの質(値段)の差では、聴こえる音量はほぼ変わりません。内臓スピーカーでは小さく感じる音を、聴こえやすくする意味では数百円クラスの低価格の物でも問題ありません。

大きな音にしたいという目的としては価格差では違いはありません。

ただし、イヤホンが高価なタイプになるほど「ノイズ音の軽減」「音と音のキレがよくなる」「音域がより正確に出せる」などのような利点は有りますので、それらにより発音が聞き取りやすく感じることはあります。利用者の好みの部分もありますので、ご留意の上検討お選びください。

イヤホンで聴いても十分な音量に感じられない場合、後述のイヤホン出力端子のある外部スピーカー経由で、イヤホンを接続した場合にも音量の増幅出来ます。

外部スピーカーを使用する

テレビのイヤホン端子経由で外部スピーカー(アンプ)に接続する方法もあります。安価・小型・必要最小限のものでしたらパソコン向けに出ている商品が千円台から販売されています。スピーカー側にイヤホン端子付のものでしたら、イヤホンの音量も増幅できます。

ただし、スピーカー設置のスペース・配線や電源接続が必要な事。スピーカー電源も入切の確認が必要な事。音質は接続するスピーカーの仕様も踏まえる事。これらご了解の上このご用意下さい。

音量を大きくする案内イラスト
▲ページ上部へ
株式会社ニューライフ取扱い商品一覧

ピタッとアーム

歯科医院様向け

その他アーム

ピタッとアーム ミニ

ピタッとアーム ミニ(吊金具ナシ)

介護ベッド用テレビ「アーチ」

購入:楽天市場 | 購入:ダイレクト | 取扱い終了品について